FC2ブログ

やっぱり(*^▽^*)ピアノ

ピアノを再開して早10年。ツェルニー40番&シンフォニアに入ったばかりです。あがり症を克服したい~。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

発表会の仮プログラムを見てワクワクビクビク

前日の練習会で 人前で弾く感覚 を思い出し、危機感を抱きながらレッスンへ

 ツェルニー40-9
譜読みが1段しかできていないので、次週にして頂くことにしました(^-^:)

 シンフォニア11番

名称未設定-1
私「先生~、トリルが入らないです
5保持+13トリルで弾いていたのを、4保持(途中で5に代える)+12トリルで弾く
おおおっ!!楽に弾けるようになりましたなじむまで弾き込もう…
他の曲でもそうですが、バッハは特に運指を間違うと、迷子になる確率高し

 ワルツ4番
私「問題の…ワルツです
名称未設定-2
私「左の和音、421→321 が未だに弾きにくいです。321→321 の方が弾きやすいのですが…
先生「ゆっくりだと321→321でもいいけど、速く弾くとなると421→321の方が合理的
では引き続き、合理的な方で頑張りますか
4の動きが鈍いせいで上記の運指が弾きづらくなっている為、スケールなどの練習を提案されました。
あっ、ツェルニー9番がちょうど左手のスケールが入っていて、グ、グッドタイミング~Σ(´Д`*)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

娘のレッスン

 ドリル 

 ハノン(ドラソファミファミファ) →次はリズム変奏

 ソナチネ55-1
再現部、臨時記号が多くて戸惑う(´・_・`)

 子供の集会 
合格おめでと~!
好きな曲ほど終わるのが早い(笑)
次は「無邪気」
毛糸と戯れるネコの挿し絵が可愛い😄
ブルグミュラー25無邪気挿絵

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

発表会の仮プログラムをチラ見

● 時間
教室の発表会(11月)のプログラム(仮)が出来ると、先生が出演時間を教えてくださいます
私の出番は、午後4時半くらいでした。
開演は午後2時なので、朝はのんびり支度できそう。良かった。
今回は電車+徒歩で1時間弱の、大人心をくすぐる(笑)とっても素敵な会場です

● かぶる
私「あっ、シンフォニア11番、かぶってますね(笑)」
先生「え?」←音楽教室なので、私の先生がプログラムを作るわけではない
先生「でも、1時間くらい離れているから大丈夫
曲が被るの久しぶり
数年前、ブラームスの間奏曲op.118-2で被ったことがあるのですが、その時も出演時間は結構離れていて、しかも私の方が前でした。
今回はか~。ドキドキビクビク
シンフォニアで被るってなかなかないと思うので、話しかけてみようかな…<奇遇ですね~

● タイトル
あれ?私が弾くの、ワルツ4番じゃなかったっけ。
プログラムに記載されているタイトルが長い…
グランド・ワルツ・ブリランテ op.34-3 / ショパン
ああ!確かに、グランド・ワルツ・ブリランテです!!!
1番も2番も3番も4番も、グランド・ワルツ・ブリランテなので、パッと見わからないかも…。
それはそれで面白いです
でも、派手なタイトルーーーーー←実際、派手です
名前負けしそう…



 もっとピアノブログを見る 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
【 2018/09/22 (Sat) 】 レッスン | TB(-) | CM(4)
鍵コメントさま♪
鍵コメントさま、コメントありがとうございます✨

そうなんですよ~😱
ショパンがつけたものではないとなると、番号の方がいいなあと思いました。
ブリランテだとアナウンスで読み上げられる時も、ちょっと恥ずかしい(笑)

うまく伝えられるか、ドキドキです💦
行ってきます!←早い
【 2018/09/25 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2018/09/25 】 編集
鍵コメントさま★
鍵コメさまーーーv-10
お忙しい中、コメントありがとうございますm(__)m

数年前は毎月のように練習会に出かけていたのですが、近年はめっきり…^^:
ホールなんて、去年の教室の発表会(11月)で弾いたのが最後です。
広い所で弾くとアタフタします(;'∀')

あっ、そうですよね、私も4番は「ワルツ・ブリランテ」かなと思ったのですが、レッスンで使っているパデレフスキ版は1~4番まで「グランド・ワルツ・ブリランテ」なんですv-394
全音のワルツ集だと、1番が「グランド・ワルツ・ブリランテ」で、2・4番が「ワルツ・ブリランテ」、5番が「グランド・ワルツ」でした。ナゾ…v-12

今、PCからなので検索してみたら

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。
とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。


と、ありました…

シュレジンガー社のせいだったのかーーーーv-12

気にかけてくださり、ありがとうございますv-351
【ワルツ4番 ヘ長調 op.34-3】に変えてくださいって、次のレッスンで言えるよう頑張ります💦


【 2018/09/24 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2018/09/24 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する