FC2ブログ

やっぱり(*^▽^*)ピアノ

ピアノを再開して早10年。あがり症を克服したい~。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

最後のレッスン【M音楽教室】

2014年1月29日(火)

M音楽教室の最後のレッスンを受けて参りました

先生「今日は何を弾きますか?」
夕「インベンション2番と、ベートーヴェンをお願いします

■インベンション2番、撃沈10分で終了(打ち切り)

■ベートーヴェン ピアノソナタ第7番1楽章 ずーーーっと練習中

再現部から見て頂きました。
再現部~コーダは、なかなか譜読みが進まなかったです…難しいし~

設定ミスで音が小さいです
記念にUPしただけなので、聴いても面白くないですが^^:


7-1 再現部の難所その3
↑右手ラファレラファレレラ」をはっきり出す

後日、新しい教室のソナチネレッスンで「若干だけど、手首が上がっていて、早いパッセージで音が浮いてしまっている」と指摘をうけました。
ベトソナでも該当するかなと、手首の位置を意識して弾いたらマシになってきたので、頑張ります♪



7-1 コーダちょこっと
2拍子意識する。
ここも両手で弾けるようになるまで、ものすんごーーーーく苦労した~

譜読みで挫折しかかっていた7-1が、通せるようになったのは、N先生のおかげです
レッスン中に一緒に譜読みしてくださったので…^^:

結局、娘と一緒の教室へ移る事は、言えず終いでしたが、今後も発表会を聴きに行けたらと思っています
2年間お世話になり、ありがとうございました

最後のレッスンの録音、何度も聞き返しています
スポンサーサイト

練習中のベソトナ7番1楽章と新曲候補「●●」

ブラームスのop.118-2と並行して練習中の、ベトソナ7番のレッスン記をまったくUPしていなかったので、少し書いておこうと思います。

現在あと2ページで譜読みが終わります←まだ譜読み終わってなかったのか…(

ベトソナ7番の練習動画はたまにUPするものの、しばらく経つと恥ずかしくなり、いつも消してしまっていました。
今回は展開部だけなので、たぶん消さないでいられると思います

【 展開部 練習中 】
展開部、本当はこんなもっさり能天気じゃなくて、緊迫して最高潮にカッコいいところなのです

ボロ鞄とカーデが写ってしまっていますね(汗)



アルベルティ・バス転ばないように。最初の八分音符をテヌート気味に弾く。
左手メロディーのところ、もっとはっきり音を出す。(右手の伴奏もうるさい^^:)
最後の「ラミソミ」少しrit.
今はこれよりマシです!(ほんとかね)
左手のトレモロ、小指の第1関節を立てたらちょっと安定して弾ける気がする。
右手、だんだん手首が上がってきているので注意。



【 ドイツからフランスへ? 】

夕「7番は、来年1月にある練習会で弾こうと思っています。今回はドイツの作曲家限定なんです(笑)」
先生「それはマニアックですね。」
夕「ブラームスもドイツですよね。ブラームスでもいいんですが…1月までひっぱるのも…(悩)」
先生「ブラームス、思いっきりドイツですね。せっかくだから、7番の方がいいんじゃないですか。」
夕「では、7番頑張ります♪そういえば、今年はドイツの作曲家ばかりですね。春はシューマンだったし…。」
先生「そうですね。フランスもの、まだやってないですね。」
夕「ドビュッシーとかですか。いいですね~~好きです。ベルガマスクとか(聴くのは
先生「ラヴェルとか。」
夕「ラヴェルは上級者向き…難しい曲しかないですよね(笑)」
先生「「亡き王女」は?譜読みは大変だけど、弾けると思いますよ。夕さんに似あうと思います。好きそう~
夕「えええええええ(えええええええ、初めて「似合う」って言われた曲が「亡き王女」ーーー!?!?!
あんな綺麗なオサレな曲がっ、好きそう…?好き…?好きなのかな…?そう言われると気になってきたかも…っていうか、先生、トマトさんと間違ってますよ(爆))」

帰宅して、「ピアノ名曲100選(上級)」に入っている「亡き王女」の楽譜を見てみました。
…うん。フランス語でいろいろと書いてあるわ…。
パタン(閉)
「亡き王女のためのパヴァーヌ」<完>



【新曲●●】

ベソトナ7番1楽章の次は、7番3楽章か、イタリア協奏曲を考えていました。
がーーーーー…。
その前に。
またシューマンの「あの曲」が弾きたくなってきた~
毎年2回くらいシューマンのあの曲が弾きたくなる時期が来るのです。

以前先生に「シューマンの「●●」が弾きたいです。」と言ったら
「シューマン、初めてなら「●●」の前に「子供の情景」をやった方がいいですね。」
と言われたので、「じゃあいいや(-_-)」と(爆
「子供の情景」は「地味なのに難しい」という先入観があって避けていたのです。
食わず嫌いはいけませんね。「子供の情景」はホント取り組んでよかったです
というわけで、春に「子供の情景」をやったので「●●」はいつでもOK!(多分)

「●●」ってなんだー。
もうおわかりと思います。
シューマンの
「 飛 翔 」
舞台に上げる予定はありません^^:
弾きたい時とそうじゃない時の波が激しいので、もしかしたら気が変わるかも…。
カッコいいけど、ちょっと怖い…。怖カッコイイ




やっと通して弾けるようになってきた

ややややっと、やっと、間奏曲Op.118-2、通して弾けるようになりましたー

譜読みから約2ヶ月…
時間はかかりましたが、発表会へ向けて光が見えてきた~

この時期の練習が一番たのしい
たどたどしいけど、通せる。
指も慣れてきた。
そして、まだ伸びしろがある
練習すればするほど、前に進んだ実感が得られる
これが、本番1ヶ月前ぐらいになると、無い伸びしろを無理に引っ張ろうとするわ、今まで飛ばなかった暗譜が飛ぶわ、あげくのはてには、練習すればするほど、後退・崩壊してるんじゃないかという被害妄想に陥る


【今月のレッスン2回目】

ベトソナ7番・歌の翼に・ベトソナ7番・ベトソナ7番

昨日は発表会後、初のレッスンでした

【 反省会 】

夕「ボロボロでした、すみません~~」
先生「そうですか?^^:緊張しましたか?」
夕「緊張というよりは、音が鳴らないのに動揺してしまって…メンタルが弱くてダメですね
先生「あの日は湿気も多かったし…私も伴奏で弾いたんですが、前日の方が鳴ってたかな。」
先生「1曲目の出だし…ホントに出だしを間違えましたよね(笑)」
夕「はい、ホントに出だし、2音目でした
先生「でもそのあとは、ちゃんと弾けてましたよ。」←先生、励ましモード
夕「大変な事は、まったく音が出なくて…」
先生「あ、やっぱり、ご自分でも出てないってわかりましたか?」
夕「はい、もう「はやく終わりたい」ってとんでもない事を考えてしまいました
先生「(笑)弾けてたけど鳴ってませんでしたね(笑)遠くで聴いている感じでした(笑)」
…遠くで…!!(爆)


【 次の曲 】

先生「沢山楽譜を持ってきましたね(笑)」
夕「はい!祭りです!よろしくおねがいします!」

夕「まず、最初に…いつものツェルニー…です。」譜面台に置く。
先生「あはははは」

夕「次に…バッハはイタリア協奏曲が目標でしたが、平均律でも好きな曲ができたので、それを目指してインベンション。」譜面台に置く。

夕「次に…えと…前までブラームスが弾きたいと言っていましたが、ここ最近、すっっごく好きな曲ができまして…」ベトソナ集1を出す。
先生「おっ、すごい。表紙、破れてますね。」
夕「これの…7番です!!!!!これがすっごくすっごく好きなのです!」
夕「これを1年かかってもいいので、レッスンして頂きたいです!」
先生「これを11月の発表会で弾くっていう事ですよね?」
夕「いえ、11月までは…あと5か月ちょっと…間に合わないので、発表会は別の曲を。」

夕「1・2ページで、技術的に無理がなく、歌える曲がいいな~と思いまして、
これ(「歌の翼に」メンデルスゾーン)か
これ(「信頼」(無言歌集より)メンデルスゾーン)か
これ(「ワルツ10番」ショパン)か
これ(「ワルツ13番」ショパン)」


先生「「歌の翼に」名曲ですよね~綺麗で…」



夕「メンデルスゾーン、好きなんです
先生「私も好きです~
夕「優しくて安心するんです…
先生「そうですよね、追いつめられる感じがなくて(笑)」
夕「追いつめられる…」

夕「ショパンのワルツは去年弾いたんです。」
先生「では、ワルツはやめましょう。」

夕「「信頼」だとちょっと難しい…です。「歌の翼に」なら(ベトソナ)7番を並行しても大丈夫そう…」
先生「1曲だけですか。すぐ終わってしまいますよ。」
夕「(またもや複数曲をーーー(笑)この前4曲弾いて崩壊したばかりなのに(爆))いえいえー1曲で精一杯です
先生「12000円も払って、3分しか弾かないなんて、もったいなくありませんか?」
夕「せ、せんせ…(爆笑)」
もったいないけど、時間めいっぱい使って崩壊するよりはずっといい…(笑)
夕「で、では、「歌の翼に」の仕上がり具合をみて、大丈夫そうだったらもう1曲短いのを追加する…ということで…汗」
先生「そうですね。」

先生「4曲は大変なので~、ベートーヴェンをやっている間はツェルニーはお休みにしましょう。」
キターーーーー!
先生「バッハも…一緒にやると大変だから、7番と歌の翼にが落ち着いてきたら、様子を見て追加しましょう。」

なんと、ツェルニー30だけでなく、バッハ(インベンション)もお休みです。

相当7番が難しいのでしょう。重いのでしょう。



「その時に弾きたい曲をやった方がいい」
今回、本当にその通りだと思いました。
あと半年後に…と思っていると、半年後には別の曲が好きになっているんですから~
今年の後半はブラームスに捧げるはずだったのに、まさかベートーヴェンに夢中になるとは…。

レッスンで先生と一緒に7番を2ページだけ譜読みしましたが、とっても楽しかったです♪
がんばる~♪

シューマンの残り「木馬の騎士」「眠る子供」「詩人のお話」頂けました♪
発表会で弾いた4曲にもつけて下さり、何だか嬉しかったです(笑)

さらば、シューマン!ありがとうシューマン、そしてごめんなさい

発表会の曲追加&ステップに出てみたいが…

3月12日のレッスン

前回のレッスンから1か月空いてしまいました。
先生、お会いしたかったで~~す
教室に入ると若いメンズがレッスン中でした。(いつものおばちゃんはどこへ?)

発表会(5月12日)の申込書をGET。
何気にあと2か月(レッスンはあと5回)しかない…。

【4曲!?!?!】
夕「先生、発表会の曲なんですが…「子供の情景」の1.2.7という事でしたが、今月になって「6.大変なこと」が弾きたくなって…。」
先生「華やかな方が弾きたくなりましたか^^」
夕「はい^^:でも、「珍しいお話」の方がこれから始める「大変なこと」よりも全然弾けているので、替えるのはリスクが高いな…と迷ってもいます…。」
夕「1番の次は2番がいいんですけど、7番(トロイメライ)の前は6番がいいんですよね~(悩)」
先生「6番、譜読みしてみましたか?」
夕「はい、なんとか最後まで音は拾えました。」
先生「まだ3月ですし…あっ、あと2か月ですね…笑」
夕「そうなんです!あと2か月しかないんです!」
先生「うん、4曲弾いてもいいんじゃないですか♪」
夕「えええ、いや、あの、4曲はさすがに…崩壊します…!3曲でも危ないのに~。」
先生「1曲1曲が短いですし、繰り返しもないなら、(前回の)ショパンのワルツの方が長いですよ^^」
先生「2番はどんな終わり方でしたっけ…うん、6番とのつながりもいいですね。」

夕「!?!?(2番の終わり方…って完全に4曲コースになっとるよーー)」
夕「先生、6番、間に合わないかもしれませんので…^^:」
先生「申込書の曲名を書くところを 【子供の情景より】にしておけばいいですよ。時間は5分って書いておけば(笑)」
「【子供の情景より】のみで、具体的なタイトルは書かないんですね…(驚)」
先生「そうそう、そうすれば何番を弾いてもOK(笑)」
5月はこれまでになくリスキーな発表会になりそうです


★ツェルニー30ー13【2回目】…合格
・音の読み間違い1か所
●だんだん早くなってしまうので、3拍子を感じて弾くこと。
・右手のもつれやすい個所を部分練習(スタッカート、リズム練)して、終了~♪

次は14番です。これは大丈夫そう(げげっ!という譜面ではない)。
次の15番と17番(装飾音)が苦戦しそう~。



★シューマン 「子供の情景」より

先生「では、発表会の曲ではない曲から始めましょう。」

12.眠りに入る子供
も~~これ~~ほんと~~むんずかしい~~~~。
楽譜持ってる方、弾いてみてください~。弾きにくさを共に味わいましょう~。

13.詩人は語る
これも…12番ほどではないですが、むず…。

9番(木馬の騎士)は今回はやらず。
1.2.6.7.9.12.13 合計7曲抱えるのが限界になってきた~。おご~。
ツェルニを足したら8曲です。持てない、もう持てない~。

発表会の曲以外は早く合格もらいたいんだけど、家では発表会の曲を優先して練習してしまうから、発表会の曲以外はいつまでたっても合格ラインには達せず。



[VOON] 見知らぬ国 珍しいお話 3月12日レッスン中

1.見知らぬ国と人々について【発表会曲】

出だし、特に固くなってしまった…。内声ぎこちない~。

先生「ん。まとまってきてますね。特に1曲目。暗譜してますか?」
夕「あ…どうでしょう、たぶん大丈夫だと思います。」
先生「1曲目と2曲目くらいは暗譜を意識して練習してください。」
夕「はい。」


2.珍しいお話【発表会曲】

最後の音(左手)また鳴らなかった…。
先生「pにする時に、指がかたくなっていると、不発になることがあるので、なでるようにタッチしてみてください。」

・「ファー」が短い。
先生「(ゴムを)ファーで「グーッ」と引っ張って、シラソで「パッ」と離す感じで。」
おお!とっても分かり易い
・「ソーファ ミレ」←「ミレ」を軽く。
・符点のリズムが遅くなりやすいので、気を付ける。

修正

[VOON] r_2

・中間部、早くなりやすいので、テンポに気を付ける。
難しいところは早くなってしまうんですよね…汗 要練習~。


6.大変なこと【発表会曲(?)】
通して弾く。ボロボロ。次回までスラスラスラスラにしたい。
・左手のみの練習。
・アクセントに注意。

7.トロイメライ【発表会曲】
最初から音抜け(汗)
和音を間違える。
いつも間違えないところで間違えて焦る。←本番にこれをやらないようにしたい…。
まだまだぎこちない。


[VOON] 7_1



【財政難&ステップに出てみたい】

発表会の服は、入園式用に買ったベージュのスーツでいいかな~。
ジャケット着ると硬い???
半年前から仕事が開店休業中につき、散財できまへん。
今月末から幼稚園の保育代もかかるし、今年は着まわしますよ~。

春の発表会、参加費が6000円でほんとによかった。
ちなみに秋は11000円です(汗)値下げしちくりー。

最近、ステップに出てみたいなぁと思うんですが、参加費の事を考えると…(落)
来年から教室の発表会を1回だけにして、どちらかをステップにしようかな~????